読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書めも

読んだ本の感想をぼちぼち書いてます

無名のAV女優が5年間で1000本のビデオに出演するトップ女優になった話《キカタン日記 上原亜衣》

f:id:yukiumaoka:20161217190518j:image

 

kai-you.net

2015年11月17日(火)、アダルトビデオのファン感謝祭『Japan Adult Expo(JAE)』で、AV女優の上原亜衣さんが引退を発表した。

多くのAV女優が1桁もしくは2桁の出演数で引退するのに対して、上原さんは5年間の活動で約1000本以上のビデオに出演した。

単純計算で年間約200本の作品に出演していたことになる。丈夫な身体と強い精神力を持ち合わせていないとこれだけ多くの作品に出演することはできないだろう。

上原さんといえば、『DMMアダルトアワード2014』で最優秀女優賞を受賞したのは有名な話だ。これはDMM.comが運営する日本最大級のアワードで、数多くの有名なAV女優が参加するビッグイベントだ。

ここで特筆すべきなのは、S級女優の証である『単体女優』ではなく、上原さんが『企画女優』だったにもかかわらずグランプリをとったことだ。

そもそも、AV女優というのは2つの階級がある。ひとつが『企画女優』もうひとつが『単体女優』

 

単体女優とは、AVメーカーと専属契約を結び、一人で(単体)でAVの作品に出られる女優のこと。メーカーのバックアップの下、デビューから盛大なプロモーションが行われる"S級"の女優です。なりたくても、簡単になれるものではありません。実際、単体女優としてデビューできるのは、ほんんの一握りです。
それ以外の大勢は企画女優。1本の作品に多数の女優が出演するオムニバス作品(複数の女優が出演する作品)も多い、素人ナンパもののAVや、乱交もの、SM系の凌辱ものなどの企画作品に出演する女優です。
そんな企画女優の中で、単体で作品に出演できる女優は「企画"単体女優」、通称・キカタンと呼ばれています。

 

上原さんは『企画女優』としてデビューし、のちに一人で作品にでる機会が増え『キカタン』と呼ばれるようになった。

そんな彼女が数多くの『単体女優』を追い抜き、日本一のAV女優となったのだ。高校野球でいうと、まったくの無名高校が甲子園でいきなり優勝するみたいな感じだろう(たぶん)

 

キカタン日記 無名の大部屋女優からAV女王に駆け上った内気な女の子のリアルストーリー

キカタン日記 無名の大部屋女優からAV女王に駆け上った内気な女の子のリアルストーリー

 

 

上原さんがAVにデビューしたのは19歳のとき。保育士を目指して短大に通っていたときのことだ。知人の紹介でAV女優の仕事を知った彼女は、「自分に自信をつけたい」という理由でこの世界に入ることになった。

もともとAVの仕事は大学を卒業するまでのバイトだと決めていたが、ある人物の登場によって彼女の運命は大きく変わることになる。

AV女優としてデビューし、半年たったときのことだ。上原さんの所属する事務所に大型新人が入ってきた。彼女の名前は小島みなみ。いまも現役で活躍する売れっ子AV女優だ。

彼女は上原さんとは違い、『単体女優』としてデビュー。事務所が全面的にバックアップ。負けん気の強い上原さんはこれで火がつき、彼女に負けないためにあらゆる努力をしはじめる。

『単体女優』は『企画女優』に比べギャラも多く、S級女優の証でもあるが、ひとつだけ欠点がある。

それは、決まった本数しか出演することができないということだ。ひとつのメーカーと専属契約をするため、月に一本しか出演することができない。

そこで上原さんは小島みなみをはじめとする『単体女優』に勝つためにあるひとつの大きな決断をする。

 

それは「あらゆる作品に出ること」だった。

 

AV業界には「NG事項」というものが存在する。レイプNG、アナルNG、縛りNGなど、自分のやりたくないジャンルはNGを出せる。しかし、NGが多ければ、作品に出演できる機会が減ってしまう。

ゆえに上原さんはNG項目を減らし、自分に来た仕事は断らないというスタンスで挑むことになったのだ。

しかし、それだけでは『単体女優』との差を埋めることはできない。『単体女優』と『企画女優』にはそれほど大きな差があるのだ。

そもそも彼女はデビューするとき、AV女優として恵まれた身体の持ち主ではなかった。歯並びは悪く(現在は矯正済み)、バストはCカップ、スタイルも決していいわけではなかった。

そこで自分にしかない武器を身につけようと思い立ち、あるジャンルに挑戦しようとする。

 

今さら容姿は変えようもないので、私は見る人がビックリするような「性戯」を極めようと思いました。それなら努力次第で、なんとかなりそうだったので...。
そこで狙いをつけたのが、「潮吹き」でした。当時の私は、あらゆるAVを見て研究していたので、潮吹きブームがやって来そうな予感があったんです。

 

のちに「潮吹き」は彼女の代名詞となるのだが、この「潮吹き」をマスターするまでのプロセスがすごい。レンタルビデオ店であらゆる「潮吹き」と名のつく作品を借り、勉強。さらに毎日自分の身体で「潮吹き」の猛特訓。

この特訓により「潮吹き」を自由自在にあやつれるようになり、「潮吹き女王」という大きな肩書きを手にいれることができた。

彼女のストイックさを表すエピソードはこれだけではない。

一時期ネット上で上原さんの整形疑惑が出たことがあった。周りはこう言った。「デビュー当時の写真と今の顔が違いすぎる」と。上原さんはこの疑惑を打ち消すためにあるジャンルの企画に出演する。

 

ちなみに、ネットでは"鼻がおかしい"なんて書き込みもありましたけど、何も入れてませんよ(笑)。その証拠に、私の出演するSM系作品を見てください。"鼻フック"をNGにしていないんです!鼻にフックをかけられて"ブタ鼻"にされるやつです。実はあれ、整形をしていたら、入れたシリコンがずれちゃうんですよ。あえて「鼻フック」に挑んでいたのは、整形疑惑を払拭するためでもあったんです(笑)

 

いやもう「すげぇ」の一言に尽きる。 「そんな理由で鼻フックしたんかい」とおもわず言いそうになる。しかし、彼女にとって整形疑惑を払拭させることは大事なことだったのだろう。

この業界は入れ替わりが激しい世界で、毎年のように女優さんが引退していく。それは知っていたが、やっぱり身体的にも精神的にもハードな仕事なんだなぁと再認識させられた。

というのも上原さんも月に25日ぐらいの撮影スケジュールを組んでいたときは身体を壊していたからだ。

 

当時の私は月に25日ぐらい、撮影のスケジュールが入っていたんです。AV撮影のない日も撮影会や雑誌のインタビューなどがあるので、ほぼ年中無休状態。有名になるためなので、さほど苦とも思いませんでしたが、体はボロボロでしたね。毎日、ハードなSEXをしていれば、アソコも痛くなってきます。この頃は、撮影前にローションを3本分ほどアソコの中に仕込んでおくこともありました。ローションでたっぷり濡らしておかないと、痛くて仕方なかったんです。(中略)

そのうえ、撮影は早朝から深夜まで続くことが大半です。睡眠時間は1時間程度の日なんてザラでした。(中略)

喉の粘膜が傷ついて扁桃腺が腫れやすくなり、しばしば高熱が出るようになってしまったんです。ひどいときは、朝起きたら40度近い熱があって、現場にすら行けない。なんとか行けたとしても、現場で倒れてしまったりもしました。

 

まるでブラック企業に勤めているひとのスケジューリング。とはいえ、それくらいストイックにやり続けないと、この世界で生き残っていくのはむずかしいことなんだろうなぁとも思わされる。

このストイックな姿勢を貫いた結果、冒頭にも書いたとおり、『DMMアダルトアワード2014』で最優秀女優賞を受賞した。「テッペンとったし、さあこれから!」というときに上原さん自身にあるひとつの感情が芽生えた。

 

なんのためにAVに出るんだろう

 

持ち前の負けん気の強さとストイックな性格でここまで突き進んできた上原さんだったが、だんだん撮影に身が入らなくなってきた。

そう、彼女は目標を見失ってしまったのだ。それはトップをとったことによる代償だったのかもしれない。

こうして彼女は引退を決意し、2015年11月17日(火)に引退を発表した。

こうやってみると、「上原亜衣は超人だ!」と思うかもしれないが、そんなことはない。どこにでもいるフツーな女の子の一面もあるし、この世界に身を置くならではの悩みもかかえている。

 

両親には、いまだにバレていません(と、自分では思っています)が、もし両親が、私がAV女優をしていたことを知ってしまったら...悲しむに決まっていますし、そのことを想像すると、やはり胸が苦しくなります。自ら選んだ道なので、私は何を言われようと構わないんですが、父や母、祖母、妹にも何かしらの形で迷惑がかかる可能性もあるのです。

いえ、それだけではありません。私にも結婚願望はあります。もし、私の過去を知ったうえで人生を共にしてくれるという男性が現れたなら、結婚もしたいし、子どもだって欲しいのが本音です。でも、その一方で、もし自分の子どもが私の過去を知ったら、そのときに、なんて説明するのかと聞かれると、答えに窮するのも事実です。黙っていてもいいけど、私がAV女優であったことは消せない過去です。どこから、どう伝わるか分かりません。自分の母が元AV女優だったら、子どもはどう思うでしょう。そんなことを考え始めると、やっぱり不安で仕方なくなるんですよね。(中略)

AV女優になって、得たものもたくさんありましたけど、失ったものも大きかった。そういった意味では、後悔がないと言ったら嘘になります。

 

上原さんはすでに友達バレも恋人バレ、どちらも経験している。しかし、家族には言っていない(妹には言っている)。

AV女優の紗倉まなさんは、母親から自分の出演した作品のフィードバックをもらう間柄だが、これは特殊な家族だ。上原さんのように家族には秘密にしているケースがほとんどだろう。AV女優がなかなか理解を得られない職業であるのもまた事実である。

 

本書はフォトエッセイで、文量もそんなに多くないからサクッと読める。また読みたい一冊だった。

 

キカタン日記 無名の大部屋女優からAV女王に駆け上った内気な女の子のリアルストーリー

キカタン日記 無名の大部屋女優からAV女王に駆け上った内気な女の子のリアルストーリー

 

 

yukiumaoka.hatenablog.com

yukiumaoka.hatenablog.com

twitter.com

掲載している本の一覧

f:id:yukiumaoka:20160629053425j:plain

 

カテゴリ分けは、かなりアバウトです。以下、カテゴリ一覧です。

 

【芸能人】【野球】【歴史】【教育】【インタビュー】【小説】【法】【ビジネス】【メディア】【エッセイ】【国際協力】【性】【ノンフィクション】【障がい・難病】【文章術】【英語】【ワークショップ】

 

【芸能人】【ビジネス】【ノンフィクション】【歴史】この3つがほかのカテゴリに比べて多い感じです。気になる本は、ぜひここからお探しください。

 

芸能人

▼お笑い芸人

【#05】お前はもう死んでいる(有吉弘行)

【#06】地味ですが何か?(おぎやはぎ)

【#09】遺書(松本人志)

【#44】ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する(島田紳助)

【#66】スーパーポジティブシンキング〜日本一嫌われている芸能人が毎日笑顔でいる理由(井上裕介)

【#137】突然、僕は殺人犯にされた(スマイリーキクチ)

【#146】ホームレス中学生(麒麟・田村裕)

【#151】敗者復活 サンドウィッチマン(サンドウィッチマン)

【#162】笑いの現場(ラサール石井)

【#166】松本人志 仕事の流儀

【#177】35点男の立ち回り術(田村淳)

【#178】ぼくの生き方(島田紳助)

【#183】クズころがし(鈴木拓)

【#181】哲学(島田紳助 松本人志)

【#203】プロレタリア芸人(本坊元児)

【#248】芸人前夜(中田敦彦)

【#255】芸人迷子(ユウキロック)

▼テレビ関係者

【#39】向井理を捨てた理由(田島未来)

【#139】笑う仕事術(菅賢治)

【#150】笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長 大崎洋物語

【#195】AKB48の戦略!秋元康の仕事術 秋元康×田原総一郎(秋元康 田原総一郎)

【#240】吉本芸人に学ぶ生き残る力(本多正識)

▼歌手・アーティスト

【#19】深愛(水樹奈々)

【#138】ビビり(EXILE HIRO)

▼アイドル

【#73】非選抜アイドル(仲谷明香)

【#141】逆転力〜ピンチを待て〜(指原莉乃)

▼俳優

【#83】偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方(坂上忍)

タレント

【#96】ビッグダディの流儀(林下清志)

野球

MLB

【#16】告白(松井秀樹)

【#20】さらばヤンキース 我が監督時代(ジョー・トーリー)

【#74】ジャッキーロビンソン物語(リチャード・スコット)

【#108】逆境を笑え 野球小僧の壁に立ち向かう方法(川崎宗則)

【#125】不変(上原浩治)

【#153】決めて断つ(黒田博樹)

【#196】Number 876号 イチロー主義

【#217】イチロー・インタヴューズ(石田雄太)

【#234】エキストラ・イニングス(松井秀喜)

NPB

【#12】「原点」勝ち続ける組織作り(原辰徳)

【#15】コーチング(落合博満)

【#17】試練が人を磨く(桑田真澄)

【#60】佑樹ー家族がつづった物語(斎藤寿孝 斎藤しづこ)

【#69】覚悟 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか(栗山英樹)

【#161】変わるしかなかった(野村謙二郎)

【#184】プロ野球審判 ジャッジの舞台裏(山崎夏生)

【#202】野球人(落合博満)

【#205】プロ野球監督「拝啓オーナー殿こうすれば勝てるのです」(近藤唯之)

【#207】用具係 入来祐作〜僕には野球しかない〜(入来祐作)

【#228】決断〜阪神引退からのリスタート〜(赤星憲広)

【#247】さらば、プロ野球〜ジャイアンの27年(山﨑武司)

WBC

【#40】WBC侍ジャパンの死角(高代延博)

【#188】WBCには愛があった三塁コーチが見た侍JAPANの知られざる感動秘話(高代々延博)

【#236】土壇場力 悔しさと憧れが無限の力を生み出す(井端弘和)

▼選手の妻

【#21】スマイル(柴田倫世)

【#130】うちの夫はメジャーリーガー青木宣親の妻が見たメジャーリーガーの舞台裏(青木佐和)

未分類

【#199】匠道ーイチローのグラブ、松井のバット創る職人たち(松瀬学)

スポーツ

【#123】だからこそ、自分にフェアでなければならない プロ登山家竹内洋岳のルール(小林紀晴)

【#198】汚れた金メダルー中国ドーピング疑惑を追う(松瀬学)

【#204】シークレット・レースーツール・ド・フランスの知られざる内幕(タイラー・ハミルトン)

【#213】真相(マイク・タイソン)

歴史

▼日本史

【#186】なぜ、あの名将は敗れたのか?(河合敦)

【#193】学校では教えてくれない戦国史の授業(井沢元彦)

【#201】大阪の陣 秀頼七将の実像(三池純正)

▼世界史

【#148】キング牧師ー人種の平等と人間愛を求めて(辻内鏡人 中條献)

【#154】死刑執行人サンソンー国王ルイ16世の首を刎ねた男(安藤正勝)

【#182】グランド・ルート 世界を動かした通商と交流の道

【#208】中国の歴史04 三国志の世界(金文京)

【#214】一勝百敗の皇帝(板野博行)

▼戦争

【#02】ダイアモンドより平和がほしい 子ども兵士ムリアの告白(後藤健二)

【#131】両手を失われてもーシエラレオネの少女マリアトゥ

【#168】イラク米軍脱走兵、真実の告発(ジョシュア・キー)

【#222】メキシコ麻薬戦争:アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱(ヨアングリロ)

【#223】アウシュヴィッツを志願した男 ポーランド軍大尉、ヴィトルト・ピレツキは三度死ぬ(小林公二)

【#229】ホース・ソルジャー 米特殊騎馬隊、アフガンの死闘(ダグスタントン)

【#243】アシュリーの戦争 米軍特殊部隊を最前線で支えた、知られざる女性部隊の記録(ゲイル・スマク・レモン)

【#244】兵士は戦場で何を見たのか(デイヴィッド・フィンケル)

【#249】イラク軍に囚われて 米陸軍少佐ロンダ・コーナム物語(ロンダ・コーナム)

▼小説

【#100】楽毅(宮城谷昌光)

【#135】毛利元就(内館牧子)

【#192】女海賊メアリ・リード第1巻 偽りの天使(ミレイユ・カルメル)

【#194】楠木正成(北方謙三)

【#212】関ヶ原(司馬遼太郎)

▼漫画

【#105】三国志第一巻(横山光輝)

【#106】三国志第二巻(横山光輝)

【#158】室町人物伝 楠木正成 コミック版日本の歴史

教育

【#01】子供の頭のよさを引き出す フィンランド式教育法(小林朝夫)

【#22】22歳負け組の恐怖(山内太地)

【#27】だいじょうぶ3組(乙武洋匡)

インタビュー術

【#04】オーラルヒストリー入門(御厨貴)

【#64】聞く力ー心を開く35のヒント(阿川佐和子)

小説

▼ミステリー

【#126】ギフテッド(山田宗樹)

【#180】名刺ゲーム(鈴木おさむ)

【#246】サクリファイス(近藤史恵)

【#256】サヴァイブ(近藤史恵)

▼ラブストーリー

【#63】年下の上司(石田累 白砂順)

【#95】守護天使(上村佑)

▼動物

【#94】一分間だけ(原田マハ)

【#215】旅猫リポート(有川浩)

▼サバイバル

【#117】ハンガーゲーム(スーザン・コリンズ)

▼冒険

【#231】土漠の花(月村了衛)

村上春樹

【#174】ふしぎな図書館(村上春樹)

【#230】村上さんのところ(村上春樹)

▼経済

【#87】拝金(堀江貴文)

【#226】七つの会議(池井戸潤)

【#227】プロジェクトの失敗はだれのせい?〜紛争解決特別法務室"トッポー"〜中村麻衣の事件簿(細川義洋)

▼社会問題

【#233】明日の子供たち(有川浩)

自己啓発

【#25】夢をかなえるゾウ2(水野敬也)

【#165】夢をかなえるゾウ3(水野敬也)

▼未分類

【#206】コロボックル物語1 だれも知らない小さな国(佐藤さとる)

【#218】ゴールデン・ボーイ−恐怖の四季 春夏編(スティーヴンキング)


▼刑務所

【#110】女子刑務所(外山ひとみ)

著作権

【#164】2ちゃんねるで学ぶ著作権(牧野和夫 西村博之)

少年法

【#72】被害者のこころ加害者のこころ-子どもをめぐる30のストーリー-(藤原正範)

▼医療裁判

【#252】なぜ、無実の医師が逮捕されたのか(安福謙二)

メディア

▼Web

【#54】僕の仕事はYou Tube(HIKAKIN)

【#78】「ほしい未来」は自分の手でつくる(鈴木菜央)

【#88】ウェブはバカと暇人のもの(中川淳一郎)

【#99】ツイッターとフェイスブックそしてホリエモンの時代は終わった(梅崎健理)

【#134】5年後メディアは稼げるか(佐々木紀彦)

▼ジャーナリズム

【#176】中国メディアの現場は何を伝えようとしているか(柴静)

▼テレビ

【#245】「今」こそ見るべき海外ドラマ(池田敏)

▼広告

【#121】広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門(谷口マサト)

ビジネス

▼海外

【#31】成功はゴミ箱のなかに レイクロック自伝 世界一億万長者を生んだ男 マクドナルドの創業者(レイクロック)

【#42】ぼくのフライドチキンはおいしいよーあのカーネルおじさんの、びっくり人生(中尾明)

【#75】ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り(ニック・ビルトン)

【#128】OUT OF AFRICA アフリカの奇跡 世界に誇れる日本人ビジネスマンの物語(佐藤芳之)

▼起業

【#03】リッツカールトンが大切にするサービスを超える瞬間(高野登)

【#10】謎の会社、世界を変える。ーエニグモの挑戦(須田将啓 田中禎人)

【#23】凡事を極めるー私の履歴書(樋口武男)

【#26】お母さん社長が行く(橋本真由美)

【#32】吉野家 安部修仁 逆境の経営学(安部修仁)

【#34】おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ(正垣泰彦)

【#35】こんな僕でも社長になれた(家入一真)

【#36】ブックオフの真実ー坂本孝ブックオフ社長、語る(坂本孝)

【#38】サイゼリア革命ー世界中どこにもない"本物"のレストランチェーン誕生秘話(山口芳生)

【#43】熱湯経営ー「大組織病」に勝つ(樋口武男)

【#45】マイファーム 荒地からの挑戦:農と人をつなぐビジネスで社会を変える(西辻一真)

【#46】ウィルゲート 逆境から生まれたチーム(小島梨揮)

【#50】渋谷ではたらく社長の告白(藤田晋)

【#52】20代の起業論(榊原健太郎)

【#58】僕はミドリムシで世界を救うことに決めました(出雲充)

【#59】起業家(藤田晋)

【#61】リブセンス<生きる意味>(上阪徹)

【#62】勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革理論(原田泳幸)

【#65】600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス(上阪徹)

【#68】私、社長でなくなりました(安田佳生)

【#89】サマンサタバサ 世界ブランドをつくる(寺田和正)

【#103】世界の働き方を変えよう(吉田浩一郎)

【#113】就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法

【#133】告白 秒速で転落した事実(与沢翼)

【#191】我が逃走(家入一真)

【#197】もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?Vol.1

▼社会起業

【#13】裸でも生きる2(山口絵理子)

【#33】社会を変える仕事をしよう ビッグイシュー 10年続けてわかった大事なこと(佐野章二)

【#41】ビッグイシューの挑戦(佐野章二)

【#55】雇用創造革命(渡邉幸義)

【#56】美点凝視の経営 障がい者雇用の明日を拓く(渡邉幸義)

【#120】社会貢献でメシを食う(米倉誠一郎)

NPONGO

【#07】僕はこうして世界を変えるために一歩を踏み出した(鬼丸昌也)

【#08】「20円」で世界をつなぐ仕事(木暮真久)

【#11】カタリバという授業(上阪徹)

【#14】マイクロソフトでは出会えなかった天職(ジョン・ウッド)

【#71】大卒だって無職になる"はたらく"につまずく若者たち(工藤啓)

▼エッセイ

【#18】憂鬱でなければ仕事でない(見城徹 藤田晋)

【#29】編集者という病い(見城徹)

【#37】仕事は99%気配り(川田修)

【#51】稼ぐが勝ち(堀江貴文)

【#57】最強のNo.2(曽山哲人)

【#81】ゼローーーなにもない自分に小さなイチを足していく(堀江貴文)

【#82】また、あの人と働きたい(黒岩功)

【#140】ぼくらの未来のつくり方(家入一真)

【#145】歩き続ければ、大丈夫(佐藤芳之)

【#179】運を支配する(桜井章一 藤田晋)

【#185】たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉(見城徹)

【#190】社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は存続するという話(小林佳徳)

▼対談

【#49】ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間「なんかヘンだよね・・・」(堀江貴文 西村博之)

【#144】マネーと国家と僕らの未来(ハッカーズ 茂木健一郎 堀江貴文 金杉肇)

▼性

【#28】セックスヘルパー尋常ならざる情熱(坂爪真吾)

【#93】名前のない女たち(中村淳彦)

【#107】私は障害者向けのデリヘル嬢(大森みゆき)

【#169】AV男優の流儀(鈴木おさむ)

【#209】こんな漫画家になりたくなかった 風俗体験取材28年間の苦悩(コモエスタ神楽坂)

【#216】高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職(紗倉まな)

【#241】封印されたアダルトビデオ(井川楊枝)

【#253】キカタン日記 無名の大部屋女優からAV女王に駆け上がった内気な女の子のリアルストーリー(上原亜衣)

▼恋愛

【#187】LOVE理論(水野敬也)

【#225】マイナスからの恋愛革命(井上裕介)

▼漫画

【#171】ワイセツってなんですか?自称芸術家と呼ばれた私(ろくでなし子)

ノンフィクション

▼事件・裁判

【#67】逮捕されるまで 空白の2年7ヶ月の記録(市橋達也)

【#98】なぜ君は絶望と闘えたのかー本村洋の3300日(門田隆将)

【#104】淳(土師守)

【#109】ルポ 虐待ー大阪二児置き去り死事件(杉山春)

【#147】秋葉原事件ー加藤智大の軌跡(中島岳志)

【#149】袴田事件を裁いた男 無罪を確信しながら死刑判決文を書いた元判事の転落と再生の四十六年(尾形誠規)

【#211】裁かれた命 死刑囚からの手紙(堀川恵子)

▼海外

【#143】シャドウ・ダイバー深海に眠るUボートの謎を解き明かした男たち(ロバート・カーソン)

【#152】レンタルチャイルドー神に弄ばれる貧しき子供たち(石井光太)

【#155】ダイブー水深170メートルに逝った愛(ピピン・フェレーラス)

【#224】ボーパール午前零時五分(ドミニク・ラピエール)

▼脱北

【#219】生きるための選択ー少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った(パク・ヨンミ)

【#232】7つの名前を持つ少女 ある脱北者の物語(イ・ヒョンソ)

▼人

【#91】気象キャスターになりたい人へ伝えたいこと(井田寛子)

【#115】ママが生きた証(小松武幸)

【#119】女盗賊プーラン・デヴィ

【#163】聖の青春(大崎善生)

【#238】127時間(アーロン・ラルストン)

▼殺処分

【#132】いのちの花 捨てられた犬と猫の魂を花に変えた私たちの物語(向井愛美)

【#173】犬たちをおくる日ーこの命、灰になるために生まれてきたんじゃない(今西乃子)

▼動物

【#111】ボブという名のストリート・キャット(ジェームズ・ボーエン)

【#116】盲導犬になれなかったスキッパー(藤崎順子)

【#136】介助犬を育てる少女たち(大塚敦子)

【#235】ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険(ジェームズ・ボーエン)

▼9.11

【#175】9月11日の英雄たちー世界貿易センタービルに最後まで残った消防士の手記

【#189】9・11生死を分けた102分 崩壊する超高層ビル内部からの驚きの証言

▼3.11

【#84】あのとき、大川小学校で何が起きたのか(池上正樹)

【#159】知ろうとすること(糸井重里 早野龍五)

【#160】奇跡の中学校 3.11を生きるエネルギーに変えた生徒と先生の物語(佐藤淳一)

【#172】おいで、一緒にいこうー福島原発20キロ圏内のペットレスキュー(森絵都)

【#210】石巻・にゃんこ島の奇跡 田代島で始まった"猫たちの復興プロジェクト"(石丸かずみ)

▼社会問題

【#47】近頃の若者はなぜダメなのか?(原田曜平)

【#70】Itと呼ばれた子(デイヴ・ペルザー)

【#77】ねじれた絆 赤ちゃん取り間違え事件の17年(奥野修司)

【#142】スクールセクハラ(池谷孝司)

【#156】告発は終わらないーミートホープ事件の真相(赤羽喜六)

▼未分類

【#101】不登校児 再生の島(奥野修司)

【#112】高校生一万人署名活動 高校生パワーが世界を変える

【#220】ディレクターズノート もうひとつのプロフェッショナル(NHKプロフェッショナル制作班)

障がい・難病

▼手記

【#24】難病東大生(内藤佐和子)

【#76】まだ17歳だけど、人生って面白いと思う(岩淵大起)

【#80】日本一ヘタな歌手(濱田朝美)

【#90】わたし、男子校出身です(椿姫彩菜)

【#114】99%ありがとう ALSにも奪えないもの(藤田正裕)

【#118】ぼくらはみんな生きている 18歳ですべての記憶を失くした青年の手記(坪倉優介)

【#170】リサ・H エレファント・マン病とたたかった少女の記録

【#200】働く、ということー十九歳で社長になった重度障がい者の物語(佐藤仙務)

【#239】音に出会った日(ジョー・ミルン)

【#254】未来のことは未来の私にまかせよう(黒木奈々)

▼まんが

【#242】生きづらいと思ったら親子で発達障がいでした(モンズースー)

エッセイ

【#30】有名人になるということ(勝間和代)

【#48】「働きたくない」というあなたへ(山田ズーニー)

【#53】娘が心配で死ねません(西尾志津子)

【#85】勝ち続ける意志力(梅原大吾)

【#102】私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか(松本聡香)

【#157】傷口から人生 メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった(小野美由紀)

▼旅行記

【#79】ぼくらの人生を変えた世界一周(TABIPPO)

【#97】わたしはなぜタダで世界一周できたのか(伊東春香)

【#167】トットちゃんとトットちゃんたち1997-2014(黒柳徹子)

国際協力

【#86】飛べない鳥たちへー無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦(吉岡秀人)

【#124】「国際協力」をやってみませんか?(山本敏晴)

【#129】マジでガチなボランティア(石松宏章)

【#221】ケニアへかけた虹の橋:30年の国際ボランティア活動(NPO法人「少年ケニアの友」)

【#237】僕らはソマリアギャングと夢を語る(永井陽右)

【#251】職業は武装解除(瀬谷ルミ子)

文章術

【#127】調べる技術・書く技術(野村進)

ワークショップ

【#122】「未来の学び」をデザインする(美馬のゆり 山内祐平)

英語

【#92】ビッグファットキャットの世界一簡単な英語の本(向山淳子)

99%負ける裁判をひっくり返した医療裁判《なぜ、無実の医師が逮捕されたのか 安福謙二》

医療
なぜ、無実の医師が逮捕されたのか: 医療事故裁判の歴史を変えた大野病院裁判

なぜ、無実の医師が逮捕されたのか: 医療事故裁判の歴史を変えた大野病院裁判

 

2008年8月に無罪判決が出た大野病院裁判。裁判前から被告人の加藤克彦医師に対して大勢の応援団が結成され、彼を擁護する声が全国の医療関係者から寄せられ、ネット上には逮捕に対しての抗議ブログが立ち上がるという、医療裁判としては極めて異例な事案となった。

被告人の加藤氏は、福島県の大野病院に勤める産婦人科医で、年間200件以上の手術をこなす優秀な医者だ。

しかし、2004年12月、彼が担当した手術で、ひとりの女性が死亡した。死因は出産の際に受けた帝王切開手術による大量出血。これを受けて、福島県警は加藤氏を業務上過失致死と医師法違反の疑いで逮捕した。

この概要だけを読むと、加藤医師の医療ミスのように見えるが、実際はそうではないことがすこしづつ分かってくる。

「医療が発達した現代において、出産時に死亡するなんて医療ミスだ!」と思うかもしれないが、出産とは命がけで行われることが大前提だ。

2005年の統計では、126万の出生数に対して出産時に亡くなった女性は62人。医療が発達したとはいえ、出産の際に命を落とす危険性はゼロではないのだ。

さらにこの事件が難しい症例である「前置胎盤」だったことについても触れなければならない。

 

そもそも、胎盤とはへその緒を通じて母体が胎児に栄養を与える器官のことだ。

 

へその緒とつながっているところが胎盤

 

しかし、胎盤が通常の位置より低く、子宮の入り口につくられることもある。上記の図でいうと、胎児の頭側に胎盤が形成されるということだ。これを「前置胎盤」という。

前置胎盤による出産はリスクが高いのだが、悪いことに今回のケースはもうひとつ困難が待ち受けていた。

通常、胎盤は出産時に自然と剥がれ落ちるものであるが、子宮付近に癒着し、スムーズに剥がせないことがある。今回がまさにそのケースだった。

しかも、癒着は子宮の後ろ側の壁(後壁)まで及んでおり、事前の超音波検査で発覚することはできなかった。

つまり、「前置胎盤」「癒着胎盤」「癒着が後壁まで及ぶ」の三重苦であり、めちゃくちゃ難しい手術だったということだ。

ちなみに、この症例は医師が一生出会わないのが普通であり、極めてめずらしいケースである。

 

新聞の報道だと、今回のような胎盤が癒着したケースは、2003年、2004年の県立病院全体の出産、1250件のうちの1件のみ。
日本の全分娩で、癒着胎盤が現れるのは2万2000分の1の確率。
まれな症例なのだ。どんなにベテランの産婦人科医でも、一生のうちに胎盤が癒着するケースに出会うとは限らないという。

そんな珍しい症例だとしたら、救えなかったとしても、それで刑事責任を追及すべき「業務過失致死罪」にむすびつくのだろうか。

 

「とはいえ、実際に加藤氏はひとりの女性を死なせているんでしょ?」と思ったひともいるかもしれない。

しかし、加藤氏はこのような事案にも適切な行動をとり、最善を尽くしていたことが読み進めていくうちにわかってくる。

にもかかわらず、加藤氏は逮捕されてしまった。全国の医療関係者が声をあげるのは無理もない。最善を尽くした医者が逮捕されれば、だれが医療に携わりたいと思うのだろうし、医療の発達を止めることにもなる。

本書の途中にでてくる「法は人に不可能を強いてはならない」という言葉が頭に残っている。

 

人に不可能を強いてはならない。これは法の基本だ。法は、赤ちゃんに仕事しろとか、病人でも仕事をしろ、とか不可能を強いるものではない。誰もが守れない、不可能を強いる結果となるならば、それは法とは呼べない。法の執行にあたっても、不可能を強いたら法治国家でない。

危険でむずかしい、それも滅多にないケースでの結果を「業務上過失致死罪」に問おうとしている、これは不可能を強いることにほかならない。

 

タイトルに書いたが、99%というのは日本の刑事裁判での有罪率のことだ。

つまり、たとえ無実だとしても検察に起訴されてしまうと、ほとんどの確率で犯罪者の仲間入りになってしまうわけだ。

今回の大野裁判では加藤氏が起訴されたが、弁護団の奮闘により無罪を勝ち取ることができた。

めでたし、めでたしと言いたいところだが、亡くなった女性患者は戻ってこない。この十字架は一生加藤氏が背負っていくものだ。

 

法の限界、医療裁判の難しさを知れる貴重な本だった。