読書めも

読んだ本の感想をぼちぼち書いてます

【書評】ギフテッド 山田宗樹

ギフテッド

ギフテッド

 

 

f:id:yukiumaoka:20141206183753j:plain

幻冬舎plus×ブクログが共同で行っていた「サイン入りバウンドプルーフ・プレゼントキャンペーン」で当選した山田宗樹さんの最新著の「ギフテッド」読みました。ちなみにこれバウンドルーフ(発売前に一部の関係者に配られるもの)というもので、発売時の表紙や帯などはなく、すごくシンプルなもの。原稿用紙の集合体のようなものです。

ということで、ギフテッドの感想を。

あらすじ(Amazonより)

『百年法』を超えるスリルと興奮! ! 未知との出会いが読む者の本性を炙り出す、胸打つ大巨編ミステリー
25年前、アメリカ合衆国ミネアポリスに住む13歳の少年の体内に〈未知の臓器〉が見つかった。以後、同様の臓器をもつ子供たちの存在が、世界各地で確認される。

いつしか彼らは、羨望と畏れを込めて「ギフテッド」と呼ばれるようになった。
それから時が経ち、ギフテッドは新たな局面を迎えることとなる。
ギフテットとは何なのか? そして、彼らを待ち受けていたのは……。

理解できないものに対峙する恐怖、信念が根底から揺らぐ恐怖
恐怖は伝染し、拡大し、やがて、暴走し始める――。
進化なのか、異物なのか?
全人類の存在意義を揺るがす、禁断と衝撃と感動のスペクタクル大長編
 

内容と感想(ネタバレあり)

物語は主人公の達川颯斗の元に1通の封筒を担任の先生から手渡されるところから始まる。この封筒の中身は、国が決めた法定検査の結果が入っており、颯斗はギフテッドと認定された。ギフテッドとは、未知の臓器を持っている者で、颯斗以外の存在も各地で発見されていた。このギフテッドが、世界を巻き起こす存在となる。

本書は視点の切り替えが多く、また各章のおわりがじれったさを残す終え方でそれが物語を退屈させないようになっている。さらに話の展開もテンポがよいので、よみやすい。

ただ一点残念だったのはクライマックス。あっけないおわり感が否めない。だから読んでいる最中「これ1巻ではおわらないかも...ひょっとして続編あるかもなー」とおもったくらいだったし。それくらい着地のスピードをゆるめてもよかったのではないかとおもいました。だって後半は颯斗の無双状態だったし、あずさと颯斗との関係もモヤモヤな感じで、ラスボス感満載のアレックスはどこいったん?という感じだったしな...

とはいえ500ページちかくのボリュームがあるので、ぐだぐだな結末にしないようには致し方なかったのかもしれません。

 

後々、ギフテッドと非ギフテッドの対立が生まれ、それが争いにつながるわけですが、その描き方がマンガのような超能力対決にならなくてよかった。この本のジャンルはファンタジーでなく、SF。活字だからこそ、そんなぶっとんだ要素があったら話がシラケたかなぁとおもいます。

山田さんは、SFの作品を他にもだしていて、それが次「百年法」。次回はこれを読んでみようかとおもいます。 

百年法 上

百年法 上

 

 

広告を非表示にする