読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書めも

読んだ本の感想をぼちぼち書いてます

数千人を相手に戦う7名の自衛官がカッコイイ《土漠の花 月村了衛》

f:id:yukiumaoka:20160626061613p:plain赤色で塗られている箇所がソマリア青色で塗られている箇所がジブチ。ちなみに、ソマリアの左隣はエチアオピア、左斜めはケニアである。

 

 

ーーソマリアの国境付近で墜落ヘリの救助活動中の自衛官たちのもとに、命を狙われたひとりの女性が駆け込んできた。彼女を守ると決意したとき、男たちの運命は大きく変わってしまう。次々と倒れていく仲間たち、押し寄せてくる大勢の敵、何度も立ちふさがる困難、物語の最後まで途切れることのない緊迫感。果たしてかれらは女性を守り、生きてこの地を脱出することができるのか?ーー

 

土漠の花

土漠の花

 

 

本書は7人の自衛官が主役の冒険小説だ。情に厚いが、優柔不断な友永曹長。非情だが、リーダーシップを発揮する新開曹長。古武道の達人、朝比奈1曹。元暴走族で謎めいた過去の持ち主、由利1曹。射撃の天才だが、臆病な津久田2曹。ムードメーカーで手先が器用な梶谷士長。過去のトラウマから抜け出せない市ノ瀬1士。

映画七人の侍のような個性溢れる7人のキャラクターが登場する。もともと自衛官は12名いたのだが、アスキラと名乗る女性が自衛官の野営地に駆け込んできたときに、かれらは襲撃を受け、指揮官含めた5名がいきなり殺される。しかも、物語の冒頭でだ。

指揮官は倒れ、5名の仲間を失ったかれらだが、なんとか死地を脱出する。物語の鍵を握るアスキラは、ソマリアのある氏族のスルタン(氏族長)の娘であり、他の氏族(ワーズデン)から命を狙われているという。

自衛官たちを追いかけてくるワーズデン、その数は数百・数千人の規模。さらには武装勢力アル・シャバブに援軍の要請をされてしまい絶体絶命のピンチ。対するこちらはわずか7名+一般市民の女性。なぜワーズデンは執拗にアスキラの命を狙うのか?じつはアスキラには自衛官たちに隠していた重大な秘密があったのだ。

本書は4章で成り立っているのだけど、とてつもないスピードで第2章に到達する。もちろん一気読みしてほしいのだが、2章まではノンストップで読んでほしい。そして、第3章から第4章にかけて書かれている大規模かつ細かい描写の戦闘シーンも見どころだ。自衛官たちの運命はどうなってしまうのか?それは本書を手にとって確認してみてくれ。

広告を非表示にする