読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書めも

読んだ本の感想をぼちぼち書いてます

めちゃくちゃ鬱になるノンフィクションを紹介する《兵士は戦場で何を見たのか デイヴィッド・フィンケル》

歴史 歴史-戦争

2003年3月、アメリカとイギリスは「イラク大量破壊兵器を保有」「9.11を引き起こしたテロ組織アルカイダを支援している」「フセイン大統領がクルド人を弾圧し、圧政を行っている」など複数の理由を挙げ、イラクに対して攻撃を開始。

そもそもこのイラク戦争が始まったのも元をたどれば、1991年に起きた湾岸戦争が原因だ。湾岸戦争の引き金となったのは石油の利権をめぐる争いで、クウェートイラクとの国境にまたがるルマイラ油田の発掘を行ったことが、イラクの大統領だったサダム・フセインの怒りを買った。

f:id:yukiumaoka:20161003223738p:plain

イラククウェートがイラン、がエジプト

 

すぐさまフセイン大統領はイラク軍を率いてクウェートに侵攻。国連イラクに対してただちに撤退するよう呼びかけたが、これを拒否。これに対して、国連は34カ国からなる多国籍軍を編成し、イラクへの侵攻を開始。

多勢に無勢、戦争開始から約2か月でフセイン大統領は敗戦を認め、こうして湾岸戦争は終結した。このときの停戦決議で、イラク大量破壊兵器の不保持が義務づけられた。

イラン・イラク戦争が実は湾岸戦争を引き起こした一因だったり、OPEC(石油輸出機構)の決定が石油の値崩れを起こして、イラク経済に打撃を与えたりとか、細かい話はいろいろあるけれど、湾岸戦争の経緯をざっくりいうとこんな感じ。

 

さて、イラク戦争が始まった経緯に話をもどそう。この湾岸戦争により、イラク大量破壊兵器の不保持が義務づけられ、国連の査察団を毎年受け入れなければならなくなった。

そして、11年後、あの9.11が起こる。この9.11を起こしたアルカイダイラクが支援しているという疑惑が浮かび上がる。さらに大量破壊兵器をひそかに作っている疑惑も出ていた(過去に国連の査察団はイラクに調査を何度も妨害された)。我慢の限界を超えたアメリカは、ついにイラクに侵攻を開始した。

イラク戦争が始まった経緯もざっくりとした説明になったが、こんな感じ。

 

兵士は戦場で何を見たのか (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ II-7)

兵士は戦場で何を見たのか (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ II-7)

 

 

と、上記で述べたことは今回紹介する本のなかで一切でてこない。だが、読むまえに知っておくと、より一層理解が深まるだろう。

兵士は戦場で何を見たのか』を読んだ。本書は歴史の背景を追うものではなく、戦場の兵士にスポットライトを当て、戦争により人が変わっていく様を書いたものだ。

著者のデイヴィッド・フィンケルさんはジャーナリストだ。2007年1月、イラクバグダッド東部にあるラスタミヤというだれも行きたがらないアメリカ軍前線基地に向かった。

そして、アメリカ兵と約1年半ほどの期間を共にし、そこで起きた出来事について書き記した。実際の戦地に行き、調査したものだから、戦場の描写がリアルだ。

 

本書の主人公であり、指揮官のカウズラリッチ中佐は直属の部下をひとりも失ったことがない優秀な陸軍将校であった。部下からの信頼は厚く、愛国心が強く、根っからの軍人だ。イラクの子どもたちがサッカー場でなんの不安もなく遊べるようにするという理想的なビジョンを胸に秘め、ラスタミヤに赴いた。だが、そのビジョンがとうてい実現不可能だと知るのはとうぶん先のことであった。

ところで、イラクではIED(即製爆弾)や EFP(自己鍛造弾)と呼ばれる爆弾があちこちに仕掛けられているのは知っているだろうか。これらはハンドメイドで作れるかんたんな爆弾で、遠隔操作もできるし、安価で生産できるので、とてもやっかいなシロモノである。そのくせ発見するには時間と手間がかかる。イラクに派遣されたアメリカ兵の半分以上が IEDやEFPの犠牲になったと言われており、中佐の部下もこのIEDやEFPの餌食となった。

彼が率いるのは第16歩兵連隊第2大隊。所属するほとんどの兵士たちはこれが最初の派兵であり、海外に行くのも初めてという者も多く、戦争のベテランは皆無。しかも、大隊の平均年齢は19歳で、最年少の兵士は17歳という若さだった。

当初こそアメリカの勝利を信じて疑わない中佐だったが、IEDやEFPによって彼の部下が次々と犠牲になっていくにつれ、彼だけでなく、彼の部下たちも肉体と精神が蝕まれていくことになる...

 

鬱ノンフィクションといったらいいだろうか。読んでいて気が滅入る。次々と兵士が死んでいくのもしんどいのだが、IEDやEFPによって手足を失った負傷兵の描写が特に読者の胸を詰まらせる。

四肢だけでなく、片目と耳と鼻を失い、最後は派兵される数日前に結婚した奥さんに看取られた兵士の話はキツかった。戦争が引き起こす現実とはこういうことなのかと突きつけられる。重い読後感が残ったのは言うまでもないだろう。

だが、本書はこれで終わりではない。あくまでも前編なのだ。本書の後編である『帰還兵はなぜ自殺するのか』がすでに発売されている。戦場から帰ってきた兵士がPTSDで苦しむ姿を書いたものだ。

この重い読後感が抜けたら、この後編に挑戦してみようと思う...と言いたいところだが、この読後感はぼくの身体からしばらく抜けないだろう。

 

帰還兵はなぜ自殺するのか (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)

帰還兵はなぜ自殺するのか (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)

 
広告を非表示にする