読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書めも

読んだ本の感想をぼちぼち書いてます

職業は武装解除 瀬谷ルミ子

職業は武装解除 (朝日文庫)

職業は武装解除 (朝日文庫)

 

『職業は武装解除』を読んだ。

国際協力に詳しいひとはすぐにピンときたかもしれないが、そういうことに疎いひとは「職業が武装解除???」と思っただろう。

その疑問は冒頭で著者の瀬谷ルミ子さんが解消してくれる。

 

私は三十四歳、職業は武装解除ですー。こう自己紹介をすると、日本だけでなく、世界のたいていの人たちは、私が過激派系の人ではないかと一瞬疑いの目を向ける。核兵器関連のお仕事ですかと尋ねる人もいる。確かに、「武装解除」なんて、日常会話であまり使わない単語だ。

武装解除とは、紛争が終わったあと、兵士たちから武器を回収して、これからは一般市民として生活していけるように職業訓練などをほどこし、社会復帰させる仕事だ。武装解除の対象になるのは、国の正式な軍隊のときもあれば、民兵組織のときもある。そして、兵士といっても、六歳の子ども兵もいれば、六十歳を超えた年配の兵士、武装勢力に誘拐された武器を持たない女性まで、さまざまだ。

 

日本では平和をあたりまえのように享受しているが、中東やアフリカでは民族間の争いは日常的なことだ。世界を見渡せば、武装解除が必要な国は少なくないことが分かる。

そこで瀬谷さんのような人や組織が民族間の仲裁役となるのだ。

瀬谷さんはこれまでにケニアソマリアスーダンシエラレオネルワンダコートジボワールなど数多くの紛争地を渡り歩いてきた。

 

f:id:yukiumaoka:20161126181056p:plain

ソマリアケニアルワンダ南スーダンコートジボワール黄色シエラレオネ

 

本書を読んでいると、日本で平和を享受していることが当たり前でないことに気づかされる。瀬谷さんが訪れる国では、ひとりで夜道を歩けなかったり、警察がテロリストと手を組んでいたりすることだってある。

 

また、紛争を終わらせるためには苦渋な決断を下さなければならないこともある。

瀬谷さんがシエラレオネ武装解除に取り組んだときのことだ。このとき武装解除の目処が立ったが、武装勢力からあるひとつの条件を突きつけられた。

それは、内戦中に行った戦争犯罪を無罪にすること。つまり、今までの犯罪行為を帳消しにして、自分たちを一般人として生活させてくれ、ということだ。

単純に考えれば、こんな無茶な要求が通るはずがない。殺人犯が「たくさんの人を殺しちゃったけど、ノウノウと一般人として生きたい!」と言っているようなものだからだ。しかし、この要求は通ってしまう。そして、これは「和平合意」や「武装解除」の世界では当たり前のことだと瀬谷さんは言う。いったいどういうことなのか。

それは武装勢力側の気持ちになって考えれば、自ずとわかる。無罪にならなければ、彼らは武装解除するメリットがないのだ。

「武器を捨てたら自分たちの犯罪行為はチャラになるし、殺人や窃盗をしなくても生きていける。さらに職業訓練も受けれて、将来も安泰」

これが武装勢力側の気持ちだ。これが「今までの犯罪行為を見逃すことはできないけど、武器捨てて投降してね」と言われたらどうだろうか。「だったら武器捨てません。徹底抗戦します」となるわけだ。

武装勢力に家族や恋人を殺された人にとってはたまったものではないだろう。しかし、平和な世の中を実現するには彼らの言い分を呑み、前進するしかないのだ。

 

平和とは、時に残酷なトレードオフのうえで成り立っている。安全を確保するためのやむを得ない手段として、「加害者」に恩恵が与えられる。その「加害者」には、元子ども兵のミランのように、好んで加害者となったわけではない、むしろ紛争の被害者といえる者もいる。物心ついたときから銃を持たされ、教育を受けたこともなく、戦うこと以外に自分の価値がないと心から信じてしまう者もいる。こういった人々への救済策は、確かに必要だ。

一方で、家族を失ったり、身体に障害が残ったり、家を失い避難民となっている「被害者」に、同じレベルの恩恵が行き渡ることはめったにない。加害者の人数と比べて、被害者の数が圧倒的に多いからだ。シエラレオネで最終的に武装解除された兵士の数が7万2000人ほどであるのに対し、死者数は推定5万人、それ以外の被害者数はおよそ50万人ほどである。

 

平和を実現するための代償が「加害者の無罪放免で被害者の泣き寝入り」なんて、なんとも残酷な話だ。

実際、瀬谷さんもこのジレンマに悩み苦しまされることになるわけだが、武装解除のむずかしさはそれだけではない。

瀬谷さんがシエラレオネに赴任して10ヶ月後、武装解除のプロジェクトが順調に進んでいたときのことだ。3人の若者が瀬谷さんに話しかけてきた。

 

「あなた、DDRの部署の人でしょう?俺たち、元兵士で、職業訓練を受けたけどその後の生活が苦しくて困ってるんだ、何とかしてくれるんでしょう?」

満面の笑みを浮かべながらそう言う彼らを見て、違和感の原因が分かった。当時、DDRは、画期的な支援だと評価を高めていた。多くのドナー国が資金を提供してくれた。かつての私も含めて、外国の大学や団体から、目新しい取り組みの調査のために子ども兵士や兵士を探して村々をまわる人々もいた。そのせいか、一部の元兵士たちは、自分たちが困っていると訴えさえすれば誰かが支援をしてくれると感じ、自分たちの存在には価値があるという若干の誇らしさを感じるようになっていたのだ。

私は頭を抱えた、単に彼らに経済的に自立する意思が育たないだけの問題じゃない。加害者が優遇され、もてはやされる風潮が長引くと、「無罪になって恩恵がもらえるなら、加害者になったほうが得だ」という価値観が社会に根付いてしまう。

 

いわゆる「支援慣れ」という現象のひとつだろう。支援してもらうことが当然だと感じ、自立の弊害となるものである。

平和をもたらすために決断した行動が、結果的にその国に害をもたらす可能性だってあるわけだ。加害者と被害者の利益のバランスを考えながら、さらに彼らが自立していくためのプロセスまでつくらなければならない。なんというか、先が長くしんどい仕事である。

 

yukiumaoka.hatenablog.com

yukiumaoka.hatenablog.com

これまでにいくつか国際協力に関する本を読んできたが、圧倒的におもしろい一冊だった。ちなみに、瀬谷さんはNHK「プロフェッショナル」にも出演しているのだが、今度はそっちを見てみるつもりだ。

 

第116回 瀬谷ルミ子(2009年4月21日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

 

広告を非表示にする