読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書めも

読んだ本の感想をぼちぼち書いてます

99%負ける裁判をひっくり返した医療裁判《なぜ、無実の医師が逮捕されたのか 安福謙二》

医療
なぜ、無実の医師が逮捕されたのか: 医療事故裁判の歴史を変えた大野病院裁判

なぜ、無実の医師が逮捕されたのか: 医療事故裁判の歴史を変えた大野病院裁判

 

2008年8月に無罪判決が出た大野病院裁判。裁判前から被告人の加藤克彦医師に対して大勢の応援団が結成され、彼を擁護する声が全国の医療関係者から寄せられ、ネット上には逮捕に対しての抗議ブログが立ち上がるという、医療裁判としては極めて異例な事案となった。

被告人の加藤氏は、福島県の大野病院に勤める産婦人科医で、年間200件以上の手術をこなす優秀な医者だ。

しかし、2004年12月、彼が担当した手術で、ひとりの女性が死亡した。死因は出産の際に受けた帝王切開手術による大量出血。これを受けて、福島県警は加藤氏を業務上過失致死と医師法違反の疑いで逮捕した。

この概要だけを読むと、加藤医師の医療ミスのように見えるが、実際はそうではないことがすこしづつ分かってくる。

「医療が発達した現代において、出産時に死亡するなんて医療ミスだ!」と思うかもしれないが、出産とは命がけで行われることが大前提だ。

2005年の統計では、126万の出生数に対して出産時に亡くなった女性は62人。医療が発達したとはいえ、出産の際に命を落とす危険性はゼロではないのだ。

さらにこの事件が難しい症例である「前置胎盤」だったことについても触れなければならない。

 

そもそも、胎盤とはへその緒を通じて母体が胎児に栄養を与える器官のことだ。

 

へその緒とつながっているところが胎盤

 

しかし、胎盤が通常の位置より低く、子宮の入り口につくられることもある。上記の図でいうと、胎児の頭側に胎盤が形成されるということだ。これを「前置胎盤」という。

前置胎盤による出産はリスクが高いのだが、悪いことに今回のケースはもうひとつ困難が待ち受けていた。

通常、胎盤は出産時に自然と剥がれ落ちるものであるが、子宮付近に癒着し、スムーズに剥がせないことがある。今回がまさにそのケースだった。

しかも、癒着は子宮の後ろ側の壁(後壁)まで及んでおり、事前の超音波検査で発覚することはできなかった。

つまり、「前置胎盤」「癒着胎盤」「癒着が後壁まで及ぶ」の三重苦であり、めちゃくちゃ難しい手術だったということだ。

ちなみに、この症例は医師が一生出会わないのが普通であり、極めてめずらしいケースである。

 

新聞の報道だと、今回のような胎盤が癒着したケースは、2003年、2004年の県立病院全体の出産、1250件のうちの1件のみ。
日本の全分娩で、癒着胎盤が現れるのは2万2000分の1の確率。
まれな症例なのだ。どんなにベテランの産婦人科医でも、一生のうちに胎盤が癒着するケースに出会うとは限らないという。

そんな珍しい症例だとしたら、救えなかったとしても、それで刑事責任を追及すべき「業務過失致死罪」にむすびつくのだろうか。

 

「とはいえ、実際に加藤氏はひとりの女性を死なせているんでしょ?」と思ったひともいるかもしれない。

しかし、加藤氏はこのような事案にも適切な行動をとり、最善を尽くしていたことが読み進めていくうちにわかってくる。

にもかかわらず、加藤氏は逮捕されてしまった。全国の医療関係者が声をあげるのは無理もない。最善を尽くした医者が逮捕されれば、だれが医療に携わりたいと思うのだろうし、医療の発達を止めることにもなる。

本書の途中にでてくる「法は人に不可能を強いてはならない」という言葉が頭に残っている。

 

人に不可能を強いてはならない。これは法の基本だ。法は、赤ちゃんに仕事しろとか、病人でも仕事をしろ、とか不可能を強いるものではない。誰もが守れない、不可能を強いる結果となるならば、それは法とは呼べない。法の執行にあたっても、不可能を強いたら法治国家でない。

危険でむずかしい、それも滅多にないケースでの結果を「業務上過失致死罪」に問おうとしている、これは不可能を強いることにほかならない。

 

タイトルに書いたが、99%というのは日本の刑事裁判での有罪率のことだ。

つまり、たとえ無実だとしても検察に起訴されてしまうと、ほとんどの確率で犯罪者の仲間入りになってしまうわけだ。

今回の大野裁判では加藤氏が起訴されたが、弁護団の奮闘により無罪を勝ち取ることができた。

めでたし、めでたしと言いたいところだが、亡くなった女性患者は戻ってこない。この十字架は一生加藤氏が背負っていくものだ。

 

法の限界、医療裁判の難しさを知れる貴重な本だった。

広告を非表示にする