読書めも

読んだ本の感想をぼちぼち書いてます

【#67】逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録 市橋達也

逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録

逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録

 

 

◎感想と内容

市橋達也」。多くの人が一度は耳にしたことがある名前だと思います。彼は、2007年にリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の加害者です。なぜ彼の名前が知れ渡ったかというと、当時容疑者であり、警察の手から逃亡したからです。

逃亡していた期間が、書籍のタイトルにある"2年7ヶ月"。東京→北関東→静岡→東北→四国→沖縄→関西→九州。逃亡手段は、電車、船、バス、自転車、徒歩で転々と移動しました。

中身は、淡々とした"逃亡記録"でもあり、彼が警察から必死で逃げようとし、生き抜こうとする日記のようなものです。

ちなみに、この書籍を出版したのが幻冬舎なんですね。こういう賛否両論が起きるような書籍を出す勇気があるのはやっぱり見城社長が率いる幻冬舎なのかなぁと。

※映画化もされました↓↓


映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』予告編 - YouTube

I am ICHIHASHI 逮捕されるまで [DVD]

I am ICHIHASHI 逮捕されるまで [DVD]

 
広告を非表示にする